東京 世田谷区 シャンプー&トリミング ペットホテル ドッグラン なら "キッスワン"

~ Blog ~

スタッフ日記☆チーターが?

hirochan 2020年07月31日 

 

こんにちは〜☆

 

今日は

チーターに

しました!

 

千葉市動物公園(若葉区)に

アフリカなどの草原をイメージした

平原ゾーンが完成し

21日から一般公開が始まった。

新型コロナウイルスによる

海外便の削減で動物の到着が

遅れるなど

一部でスケジュール変更を

余儀なくされたが

無事オープンにこぎ着けた

とうです!

7.30引用朝日新聞

 

今日のお写真は!

mixのマリンちゃんです☆

いつも元気いっぱいで

お迎えに行くと喜んでくれます!!

トリミングを終えて

写真を撮ったら奇跡の一枚が

撮れました!!

またお迎えに行くからね♡

マリンちゃん

スタッフ日記☆ハイエナはすごい…

hirochan 2020年07月29日 

 

みなさんこんにちは!

 

千葉市動物公園で

21日にオープンする新施設

「平原ゾーン」で、

ブチハイエナ1頭が

シンガポールから到着し、

展示開始に間に合った。

チーターとともに

新施設の目玉を担う。

 

新型コロナの影響で

約2カ月遅れで到着したのは、

シンガポール動物園から

寄贈された3歳のメス。

今後、

南アフリカからも2頭を購入し、

種の保存にも取り組む。

 

ブチハイエナは、

動物の死肉をあさったり、

ほかの動物が狩りをした獲物を

横取りしたり

という悪印象が強いが、

最近の研究では

集団での狩りの能力は

ライオンより高いことが

明らかになってきたという。

同公園では

「ハイエナの間違ったイメージを

変えられる展示にしたい」

と意気込む。

 

[7月21日 朝日新聞引用]

 

さてさて、

今日のお写真は

ミニチュアシュナウザーの

ななこちゃんです!

バッチリカメラ目線で

とってもかわいいです♪♪

トリミングお疲れ様!

またお待ちしてます!

ななこちゃん

スタッフ日記☆ナイト水族館…

hirochan 2020年07月26日 

 

みなさんこんにちは!

 

四国水族館(香川県宇多津町)が

18日から、午後9時まで

開館を延長する。

瀬戸内海に沈む夕日を背景に

イルカショーを開いたり、

水槽の中を照らしたりして

「夜の水族館」を演出する。

8月31日まで。

 

飼育員の合図に合わせ、

7頭のマダライルカが

次々にジャンプを披露する。

屋外プールの後ろには

瀬戸内海が広がり、

雲の隙間から夕日が見える。

 

午後6時までの営業を3時間延長し、

新型コロナウイルスの影響で

実施していなかった

イルカショーを始める。

ショーは各日、

午後6時半から約15分間。

 

[7月18日 朝日新聞引用]

 

さてさて、

今日のお写真は

ミックスのマッピーくんです!

初めてのキッスワンでの

トリミングでしたが、

とってもお利口さんでした☆

スッキリサマーカットで

身軽になりました♪

またお待ちしてます!

マッピーくん

スタッフ日記☆火傷をおった猫…

hirochan 2020年07月24日 

 

こんにちは〜☆

 

今日は

火傷をおった猫に

しました!

 

宮崎県都城市で5月

1匹の飼い猫が顔や手足

背中などに大やけどを負いながらも

住宅火災から生き延びた。

猫は高原町の動物愛護のNPO法人

咲桃虎(さくもんと)に保護され

キセキと名付けられた。

火事から2カ月ほど。

やけどの傷痕も癒え

すっかり元気になったそうです!

本当に良かった!!

これからは

幸せがいっぱいまってるよ☆

7.21引用朝日新聞

 

今日のお写真は!

柴犬の源五郎くんです!

シャンプーもお利口さんで

大人しい男の子ですが

ときより威圧感をだす

源五郎が私達は大好きです♡

またお迎えに行くからね☆

源五郎くん

スタッフ日記☆アイガモのおかげ…

hirochan 2020年07月23日 

 

みなさんこんにちは!

 

長野市川中島町御厨の

市道沿いの田んぼのなかで、

カモが鳴き声をあげながら

泳いでいる。

アイガモ農法をしている農家、

河島努さん(63)の田んぼ。

8月の稲の収穫まで、

計35アールに50羽を泳がせるという。

 

アイガモ農法は

田んぼの雑草や害虫をアイガモが食べ、

ふんは肥料になるため、

無農薬や減農薬栽培に役立つ。

河島さんは専業農家になった

6年前に始め、

除草剤を使わない米作りに

挑戦しようと思ったという。

 

「手間はかかるが、

よりおいしくなるよう有機農法で、

自然に任せた米を作りたかった」

と河島さん。

 

県農業技術課によると、

アイガモ農法は佐久地域で多く、

県内では現在

約16ヘクタールの田んぼで

行われている。

長野市内では非常に珍しいという。

[7月17日 朝日新聞引用]

 

さてさて、

今日のお写真は

トイプードルの

バレンくんです!

体は短くスッキリで、

頭は丸くかわいいですね☆

トリミングお疲れ様〜!

またお待ちしてます!

バレンくん

スタッフ日記☆脱走したヤギ…

hirochan 2020年07月21日 

 

みなさんこんにちは!

 

千葉県佐倉市の

京成本線の線路沿いの急斜面に、

逃げ出した子ヤギがすみ着き、

騒動になっている。

飼い主が捕獲を試みているが

約2カ月たっても捕まらず、

住民は心配を募らせる。

当の子ヤギはどこ吹く風で、

斜面の草を食べて

元気に歩き回っている。

 

子ヤギのすみかは、

田園が広がる

京成佐倉―京成臼井駅間。

コンクリートの斜面は

高さが約20メートルあり、

ラッシュ時は

すぐ下を数分おきに電車が走るが、

子ヤギは自由に歩き回り、

斜面を飛び降りることもある。

 

子ヤギは生後5カ月の雌。

農業の男性(63)が

ペットショップで購入し、

斜面から200メートルほど

離れた敷地で5月上旬から

趣味で飼っていた。

同中旬~下旬ごろ、

柵から逃走、

林を抜けてたどり着いたらしい。

エサやわなを仕掛けたが、

捕獲できていない。

「今まで20頭ほど飼ったけど、

こんな野性味の強いヤギは初めて」

と驚いた。

 

のんびりなイメージなヤギが

こんなに野生的だとは

思いませんでした!!

この一件のヤギだけでなく、

動物はしっかり飼育しなくては

いけないなと

改めて考えさせられました。

[7月15日 朝日新聞引用]

 

さてさて、

今日のお写真は

トイプードルの

シャスタくんです!

ソフトモヒカンが

とっても似合っています♪♪

またお待ちしてます!

シャスタくん

スタッフ日記☆羊のカットスタイル…

hirochan 2020年07月18日 

 

みなさんこんにちは!

 

兵庫県南あわじ市の

「淡路ファームパーク

イングランドの丘」で、

今年からヒツジの毛刈り時に

一部を残す試みをしている。

主に識別しやすくするためだが、

中には毛が豊かに頭部に残り、

「イケメン」と

注目されるヒツジも登場している。

 

同パークによると

毛刈りは夏場に向けて

ヒツジが体温調節をしやすいように

毎年春に行われている。

今年は、

飼育員が毛刈りの研修先で

一部を残す手法を知り、

チャレンジした。

 

毛を残す場所は主に頭部で、

このうちオスの5歳のレオ君は、

同パークが毎月発行する

「めえめえ通信」の6月号で

「シュッとした白い顔と、

くりくりの目で、

断トツにイケメン」と

紹介されている。

 

ヒツジもいろんなカットスタイルが

楽しめそうですね♪♪

私も刈ってみたいです!

[7月16日 朝日新聞引用]

 

さてさて、

今日のお写真は

ティーカッププードルの

ピクシーちゃんです!

小さくてすばしっこいんです!(笑)

いつもお店の中で

スタッフと追いかけっこを

しています(^^)

またお待ちしてます!

ピクシーちゃん

スタッフ日記☆ライオンキングが…

hirochan 2020年07月17日 

 

こんにちは〜☆

 

今日は

ライオンキングに

しました!

 

日本平動物園(静岡市駿河区)の

ライオン「キング」が10日未明

老衰のため天国に旅立った。

20歳だった。

11日から舎前に献花台を設け

園内の人気者だった

オスライオンを悼む。

2000年7月3日生まれ。

群馬サファリパークから

04年に寄贈された。

立派なたてがみと威厳ある

たたずまいからキングと命名され

同園のボスとして君臨していた。

今年4月から体調を崩し

療養していたが、妻でメスの

マッチ、ムールが見守る中

息を引き取った。

平均寿命の15歳を上回る大

往生だった。

7.16引用朝日新聞

 

今日のお写真は!

トイプードルの

ティンクちゃんです!!

小さくて大人しい女の子です♡

オーナー様の事が大好きで

トリミングが終わると

ソワソワしてまっている姿が

とっても可愛いです♡

またお店に来て下さいね☆

ティンクちゃん

スタッフ日記☆タヌキ顔のにゃん太郎が…

hirochan 2020年07月15日 

 

みなさんこんにちは!

 

JR九州・肥薩線の嘉例川駅

(鹿児島県霧島市隼人町)に

すみついていた

「たぬき猫 にゃん太郎」が

11日に死んだ。

タヌキのような愛らしい顔と

人なつっこい性格から

観光客や地元住民の人気者だった。

年齢はよく分からないという。

 

霧島市観光PR課によると、

にゃん太郎はオスで、

2015年11月ごろから駅にすみつき、

地域住民が世話をしていた。

16年5月5日には、

嘉例川地区活性化推進委員会

(山木由美子委員長)が

「嘉例川観光大使」に任命した。

 

その後、

体調不良やけがが重なり、

山木委員長が「おかあさん」

として自宅で面倒を見るようになった。

体調の良いときは

山木委員長が駅に送り迎えをして、

観光客らと触れあっていたという。

 

たくさんの人と触れ合えて

とっても楽しい人生であったのでは

ないかと思います。

お空でも元気でね、にゃん太郎(^^)

[7月13日 朝日新聞引用]

 

さてさて、

今日のお写真は

トイプードルの

ホクくんとマナくんです!

何するのも一緒の2匹で、

首輪とリードをつけると

お散歩モードで

ホクくんがマナくんのリードを

しっかり加え準備万端です(笑)

またお待ちしてます!

ホクくん・マナくん

スタッフ日記☆織姫と彦星…

hirochan 2020年07月12日 

 

みなさんこんにちは!

 

七夕の7日、

和歌山県白浜町の

アドベンチャーワールドで、

ジャイアントパンダの

永明(エイメイ)と

良浜(ラウヒン)夫婦に、

笹(ささ)飾りなどが贈られた。

2頭はニンジンの笹飾りや

天の川に見立てた雪を前に

竹を食べていた。

 

この日は

良浜の母の梅梅(メイメイ)が

白浜に来てからちょうど20年。

1994年に永明と一緒に来日した

メスの蓉浜(ヨウヒン)が

97年に急逝した後を受けた。

当時飼育を担当した山中倫代さんは

「永明は3年ひとりぼっちだったので、

おり越しに会わせたら

すごい喜んだ」と振り返る。

 

永明と良浜は普段は

「別居」しており、

年1回の繁殖期にだけ

2、3日一緒に過ごす

織姫と彦星(ひこぼし)級のカップル。

 

笹といえばパンダですよね!

永明と良浜はまさに

織姫と彦星ですね☆☆☆

[7月8日 朝日新聞引用]

 

さてさて、

今日のお写真は

チワワのコタロウくんです!

爪切りを見せると

ニキニキ笑ってくれる

コタロウくんです(^^)

そんなコタロウくんもかわいいですね!

またお待ちしてます!

コタロウくん

TOPへ