こんにちは!

 

今日はとても感動したお話です。

 

長い時間を一緒に過ごした、
かけがえのない家族である愛犬。

最期の時間が近づいてきたら、
できるだけ甘やかしてやりたい
と思うのは、自然なことだろう。

米オハイオ州在住の
TwitterユーザーであるAKarchhさんも、
愛犬のために何かをしてあげたいと
願っている男性だ。

末期がんと診断された愛犬
AKarchh さんと共に暮らしているのは、
10歳の愛犬コーディ。

一緒の時間は
まだまだ続くと思っていたのに、
悲しい事実が明らかになった。

それはコーディが末期がんに
侵されているということ。

残された時間は1~3ヵ月。
これを聞いて悲しんだAKarchhさん
とその家族は、せめて残された時間を、
コーディにとって
最高の時間にしようと決めた。

この診断が下されてから2ヵ月が経ち、
残された時間は徐々に減っていった。

生きるためにたくさんの薬を
飲まなくてはいけないコーディのため、
一家はチーズバーガーに
薬を混ぜることにした。

お薬の時間を、
おいしくて楽しい時間に
変えようとしたのだ。

もちろん人と同じバーガーを
食べさせるわけにはいかない。

注文するのは、
パテとチーズをパンで挟んだだけの
特別なチーズバーガーだ。
 
ある日、いつもと同じように
コーディのための
チーズバーガーを注文すると、
いつもとは違う出来事が起こった。

「この注文はどうして?」
シンプルなチーズバーガーの
注文を聞いた店員さんが、
一家にその理由を尋ねたのだ。

一家はコーディのことを説明した。
すると店員さんは
「ちょっと待っていて」と言って、
その場から立ち去った。

そして数分後に戻ってきた
店員さんの横にはマネジャーの姿が。

マネジャーは一家にこう伝えた。

「うちの店舗では、
コーディのためのチーズバーガーを
一生無料にします」
 
7月16日、AKarchh さんは、
「私たちにとって
どれほどうれしいことかは、
説明できない」との
コメントとともに、
この出来事をTwitterに投稿した。
 
すると1週間ほどで
4000件を超える「いいね」と
1000件近いリツイートを受けた。

「いい話だ」などのリプライも、
数多く寄せられている。

また、バーガーキングも
「世の中にはもっと
優しさと共感が必要だ。
コーディのために何か
できるチャンスをくれてありがとう」
と投稿しているそうです。

 

ほっこりする話ですよね。

コーディーはもういないかも
しれませんがきっと
感謝していると思います。

 

さて今日の写真は
コーギーの
かりんちゃんです!

とってもお利口さんに
シャンプーも頑張ってくれました!

また遊びにきてね〜♪