こんにちは!

 

今日の話題は

アレルギーや消化不良など、

犬もいろんな病気をしますが、

獣医さんで診てもらっても、

いまひとつすっきり治らない、

自分でも何かしてあげたいと

思われることがないでしょうか。

米国を代表する

犬のホリスティックジャーナル

Whole dog journalに、

蜂蜜の効用について

書かれていたそうなので

ご紹介します。

 

地元で採れる蜂蜜は、

皮膚アレルギー対策におすすめ

 

環境から受ける刺激で

皮膚アレルギーを持っている場合、

地元で採れた

生の蜂蜜を食べさせることで、

アレルゲンに徐々に

慣らすことができます。

地元で採れたものには、

少し花粉が含まれているので、

その土地の環境が原因の

アレルギーへの適応力を

高めてくれるのです。

食物アレルギーで、かゆみや

ホットスポットがある場合は、

特におすすめです。

いきなり大量に与えるのではなく、

少量ずつ試して

様子をみてくださいね。

 

ケンネルコフには、マヌカハニーを

 

人間ののど飴も蜂蜜入のものが

たくさん販売されていますが、

犬のケンネルコフにも

蜂蜜を使ってみましょう。

地元の蜂蜜でもいいのですが、

入手できるのなら、

マヌカハニーを使うといいでしょう。

マヌカハニーは、

オーストラリアと

ニュージーランドにある

マヌカの木から採れる

蜂蜜なのですが、

強い抗菌力があるので、

咳やのどあれに効くのです。

ただ、普通の蜂蜜に比べて

価格が高いのが難点です。

 

浅く、局所的な創傷にマヌカハニーを塗る

 

マヌカハニーには、

強い抗菌力があるので、

ケンネルコフの鎮静に使うだけでなく、

創傷に塗ってもいいでしょう。

傷ついた部分を保護し、

感染しないように

清浄に保ちます。

マヌカハニーは、

人の火傷の治療に使うために、

FDA(米国医薬品局)

が承認している蜂蜜でもあります。

ただし、傷口が深かったり、

刺し傷だったりする場合には、

獣医師に相談してください。

あくまでも浅く、

狭い範囲の傷に使います。

使い方は簡単!

傷をきれいにした後に、

蜂蜜を塗って、

犬が舐めてしまわないように

包帯やエリザベスカラーで、

適宜保護します。

 

その他、軽い胃腸の不調にも、

マヌカハニーを与えると、

消化をサポートするのに

役立ちます。

シニア犬のエネルギー補給にも

使えるのですよ。

 

抗菌力に優れたマヌカハニー。

基本的には、

獣医師に診てもらって、

治療を受けることをおすすめしますが、

ちょっとした体調のゆらぎ、

エネルギー補給に

使ってみるのもいいですね。

蜂蜜は、純度の低いものも

販売されているので、

本物のマヌカハニーをを

入手してください。

 

人間だけでなく

わんちゃんにもいいなんて

蜂蜜素晴らしいですね!

ただあげすぎには注意ですね!

 

さて今日の写真は

柴犬の

チビちゃんです!

げんきいっぱいな

おんなのこです!

また遊びにきてねー!

 

チビちゃん