こんにちは!

 

今日の話題は

猫は生活の仕方によって

三つの呼び方があります。

 

みなさんの家でペットとして

飼育されているのは

「飼い猫」です。
 
特定の飼主のいない猫は

「野良猫」と呼びます。
 
「地域ねこ」は

野良猫のカテゴリーに入ります。

 

また、人間とは無関係で、

自然界の中で独立して

野生化してしまった猫を

「ノネコ」といいます。

野猫と漢字で表記するのではなく

カタカナで表します。

 

飼い猫は飼い主がいるので

問題を起こした場合、

責任を問うことができます。

たとえば、

盆栽を落として壊した、

池の鯉を獲った、

爪で車に傷をつけた、

子供に咬みついて傷を負わせた、

すべて賠償の対象になります。

ペットの飼い主さんに、

保険の見直しをおすすめしましたが、

こうした事故への

事前の対策は、可能です。

 

一方、野良猫は

特定の飼主がいないため

賠償責任は難しくなります。

どこまで管理すれば

飼い主又は管理者の責任を問えるか、

このあたりが

はっきりしていないのです。

定期的に野良猫に餌を与えて、

不妊・去勢手術をしたとしても、

野良猫に関しては

お世話をしている人に

飼い主としての責任を

問えないこともあります。

行政側も野良猫に関しては、

責任を問うことは難しく、

結局、「これ以上、

不適切に餌を与えないこと」

というのが精一杯なのが、

現状なんだそうです。

 

野良猫を地域猫として

大切に見守るところが増えてきた

 

特定の飼い主がいない猫に関しては、

地域で面倒を見るという、

地域ねこという制度もあります。

自治会などが介在して

手術の費用などを出しあい、

行政の指導を得て

管理する方法です。

不妊手術をして、

数をコントロールし、

トラブルを最小限に

防ぐことができます。

たいていは「〇〇町地域猫の会」

というように名前をつけて

組織化して、

その地域に住む自治会長などが

責任者となるケースが

多いようです。

それでも、

何か問題が起きた時、

自治会長に責任を問えるかというと、

それも難しく、

法律的には

あいまいななところが

残されているそうです。

 

ノネコは小笠原諸島、

対馬、奄美大島、西表島、御蔵島

などの離島で暮らしています。

もともと、

ヒトが島に持ち込んだ猫で、

野生化してノネコとなりました。

島特有の稀少種を捕獲して、

被害を与えており、

大きな問題になっています。

飼い猫や野良猫は

動物愛護法で守られていますが、

ノネコは狩猟法の中に入っていて、

狩猟対象動物です。

狩猟免許者は、

定められた期間に合法的な方法で、

捕獲処分することが許されています。

 

伊豆七島の中に御蔵島には

稀少種のオオミズナギドリの

繁殖地があり、この鳥を

ノネコが捕食して

問題になっています。

貴重な固有種の保護のためにも、

いち早く手を打たねば

ならない問題ですが、

なかなか進みません。

こうした点では、

海外の野生保護への取り組みは

素早く積極的です。

オーストリア、

特にドイツでは、

生物多様生の観点から、

家から離れている猫は、

狩猟法できちんと

処分や管理をしています。

 

みなさんの家にも

可愛い飼い猫がソファーで

寝そべっているかもしれません。

生活の仕方によって

呼び名が違う猫たちがいることを、

知っておいていただけたら

という記事でした。

 

人間たちの勝手で連れてこられて

放置されてそれで

捕獲処分されてしまうのも

猫好きの私からしたら

とても悲しく憤りを感じます。

なんとか猫たちの

暮らしやすい環境に

なってくれたらいいのですが。

 

さて今日の写真は

ミニチュアダックスフントの

チャッピーちゃんです☆

お父さんのお迎えには

もう嬉しさ爆発で

大興奮なチャッピーちゃん♪

お店にいる時も

とーってもお利口さんな

チャッピーちゃんです♪

また遊びにきてねー!

 

チャッピーちゃん