みなさんこんにちは!!

11月に入りましたね!!

もう2018年も残すところ

残り2ヶ月、、、、

1年はあっという間ですね。

冷え込む季節になってきました、、

寒さ対策しっかりしましょう。

今日はお腹事情についてです!

 

どんなに健康な人でも、

たまには、

特に思い当たることがないのに

下痢をしてしまうことって

ありますよね。

後から思えば、

ちょっと冷えたのかなとか

軽い食あたりだったのかなと

思うことはよくあることです。

それは犬も同じで、

さして何ということがなくても

下痢をすることがあります。

どんな時はセルフケアで

様子を見ても良くて、

どんな時は動物病院に行くべき

なのでしょうか。

 

犬の下痢の原因はさまざまで、

カンピロバクターなどの

胃腸内細菌のこともあれば、

回虫など寄生虫のこともあります。

他の症状が現れない

急性の下痢であれば、

2~4日のうちに治るでしょう。

しかし、嘔吐や食欲不振があり、

元気がなかったり、痛みを感じたり

しているようだったら、

獣医さんに診てもらうことを

おすすめします。

下痢以外に痛みや食欲不振、

嘔吐などの症状がある場合、

3~4日経っても下痢が治らない場合、

そんな時は必ず獣医さんに

診てもらいましょう。

大丈夫と思っても、

家では対処できないケースもあり、

重い病気が隠れていることもあるのです。

 

どんな下痢だったのか詳しく聞かれます。

水下痢だったのか、泥状だったのか、

粘液や血液は出たのかなど、

下痢の状態や便を出す時の

犬の状態を覚えておきましょう。

問診だけでも、

小腸が原因の下痢なのか、

大腸が原因の下痢なのか、

獣医師は、ある程度診断することが

できます。その後、

身体検査や腹部の触診、

直腸検査をして診断します。

どんなに軽症だと思っても、

・嘔吐や発熱など他の症状がある場合

・症状が下痢だけでも3、4日しても治らない

場合は、必ず獣医師に診てもらいましょう。

 

さてさて

今日のお写真は

柴犬のりんちゃんです!

グルーミング作業とってもお利口さんに

頑張ってくれました!!

またお待ちしてます!!

りんちゃん