こんにちは!

 

今日の話題は

この時期に知っておきたい

話題です!

 

愛犬との散歩タイムは

飼い主さんにとっても

憩いの一時となりますが、

寒さが身に染みる冬は

散歩へ行くのが

少し億劫になってしまったり、

愛犬の健康が心配になってしまったり

することもあるのではないでしょうか。
 
冬の散歩は時間帯に配慮したり、

ちょっとした防寒対策を

心がけていったりすることが大切。

そこで今回は、

具体的にどんな点に

気を付けていけばよいのか

をご紹介していきます。

 

散歩は17時までに済ませよう

 

犬は散歩で日光を浴びることにより、

皮膚病を予防したり

セロトニンを分泌したりする

といわれています。

しかし、

冬は日照時間が短いので、

こうした効果を得るには

日光を浴びられる17時までに

散歩を済ませるようにしましょう。
 
また、雨の日や風が冷たい日は

散歩の時間を短くし、

天気によって体調を崩さないよう、

柔軟な対応を行っていくことも

大切です。

 

玄関で気温差対策を

 

温かい室内とお外では

気温差が激しいので、

いきなり外へ連れ出すのはNG。

愛犬が体調を崩してしまう

危険性があります。

散歩をする前は

暖房がかかっている部屋から出て、

玄関や廊下などで

寒さに少し慣れさせてから

外へ連れ出すようにしましょう。

こうすれば、

血管や筋肉などに

負担がかかりにくくなります。
 
気管支が弱い子は

おうちの中に外気を少し入れ、

寒さになれさせてから

散歩に出かけるようにすると、

冷気で気管支を

痛めてしまう心配がありません。
 
なお、散歩を開始するときは

すぐに走らせず、

まずはゆっくりと歩かせ、

徐々にペースをあげ、

ゆっくりと体を温めてあげましょう。

 

防寒服を着せるのもあり!

 

寒さが厳しい日に散歩をさせるのなら、

愛犬に服を着せるのもあり。

特にチワワやマルチーズ、

パピヨン、シーズーといった

犬種は寒さに弱いので、

風を通さないもこもこウェアで

体を温めてあげましょう。

防寒服は、免疫力や抵抗力がない

子犬や老犬にもおすすめです。
 
また、イタリアン・グレーハウンドは

寒さによって

耳が凍傷してしまうことも

少なくないので、

防寒服だけでなく、

耳を被える犬用スヌードも

用意してあげましょう。

 

冬は寒さから身を守るため、

愛犬の食欲が増す季節。

そのため、寒くても散歩は

しっかりと行わなければなりません。

飼い主さんは気温差に配慮し、

健康的に散歩ができるよう、

頑張っていきましょう。

 

との記事でした。

気をつけていきたいですね。

 

さて今日の写真は

トイプードルの

ペスちゃんです!

甘えん坊さんなペスちゃん♡

くまさんのような

お耳がチャームポイント♡

また遊びにきてねー!

 

ペスちゃん