こんにちは!

 

今日の話題は

人気犬種が気をつけたい病気

についてです。

 

犬種ごとに異なる

チャーミングな特徴を持つ純血犬は、

多くの人々から愛されていますが

犬種によって

注意すべき病気は異なります。

いざというときに困らないためにも、

今回は日本で人気の高い

トイプードルやチワワ、

柴犬、ゴールデン・レトリーバーが

気をつけたい病気を

解説いたしますので、

ぜひ参考にしてみてください。

 

①トイプードル

 

トイプードルは

「動脈管開存症」という

先天性心疾患の発症率が

高い犬種であるといわれています。

この病気は外科手術が成功すれば

ほぼ完治しますが、

無治療の場合は約60%の子が

命を落としてしまうとされているので、

早期発見できるよう、

定期健診を必ず受けさせましょう。
 
そして、中年齢から高年齢になったら、

同じく心臓の病気である

「僧帽弁閉鎖不全症」

にも注意。

この病気は初期症状として、

興奮時や運動時に

空咳が目立つのが特徴です。
 
また、トイプードルは

小型犬で骨折しやすいため、

飼い主さんの膝の上から

飛び降りさせないようにもしましょう。

 

②チワワ

 

チワワは先天的に

水頭症を患っている子もいます。

水頭症は特に目だった症状が

表れない場合も多いので、

ワクチン接種時などに

かかりつけの病院で

健康状態を調べてもらうとよいでしょう。
 
また、真ん丸で大きな瞳が

愛くるしい犬種であるからこそ、

ドライアイなどが

引き起こされることもあります。

ドライアイは重篤になると、

動物自身の血清から

点眼液をつくらないといけなくなるので、

早めに治療を開始していきましょう。

 

③柴犬

 

国の天然記念物にも

指定されている柴犬は、

犬アトピー性皮膚炎や

膿皮症といった皮膚の病気が

引き起こされやすいので、

日頃から被毛を清潔に

保ってあげることが重要に。

膿皮症を治療するときは

必要に応じてトリミングを行い、

殺菌性シャンプーを

使用していきましょう。
 
そして、シニア期には

ふらつきや吐き気、

歩行障害などを引き起こす

「突発性前庭疾患」

という病気が

引き起こされる可能性も高い

とされているので、

異常がみられたら

年齢のせいだと考えず、

獣医師に相談してみてください。

 

④ゴールデン・レトリーバー

 

穏やかな性格が人気を博している

ゴールデン・レトリーバーは

柴犬と同様に

犬アトピー性皮膚炎や

膿皮症が発症しやすいので、

飼い主さんのお手入れが

大切になってきます。

垂れ耳であるため、

外耳炎になる可能性も高いので、

普段から耳拭きシートや

イヤークリーナーを使って、

耳を清潔にしていきましょう。

 

純血種をおうちに迎えるときは、

犬種ごとのかかりやすい病気を

知っておくことが大切になります。

もしものときに適切な対処ができるよう、

飼い主さんは知識を深めていきましょうね。

 

ペットも大事な家族だからこそ

健康にもきを使って

あげていきたいですよね!

 

さて今日の写真は

ポメラニアンの

遠真くんです!

いつも元気いっぱいな

おとこのこです!

また遊びにきてねー!

 

遠真くん