こんにちは!

 

今日の話題は

わんちゃんのあくびについてです。

 

愛犬があくびをしていると、

飼い主さんとしては

「くつろげているんだな」

と思ってしまいがち。

しかし、犬のあくびには

もっと深い意味が隠されています。

今回は犬があくびをするときの

気持ちを詳しく解説いたしますので、

これを機に愛犬の心に

もっと寄り添える

飼い主になっていきましょう。

 

犬があくびをする4つの理由とは?

 

①緊張を和らげるため

 

叱っているときに

愛犬が大きなあくびをすると、

「ちゃんと聞いているの?」

と思ってしまう飼い主さんもいるはず。

しかし、これは飼い主さんを

馬鹿にしているわけではなく、

緊張を和らげたい

というサインです。
 
犬は見慣れない犬を見たときや

相手にじっと見つめられたときに

あくびをすることで緊張をほぐし、

相手に対して

争う意志がないことを示そうとします。

そのため、飼い主さんは

愛犬があくびをしたら、

きつく叱ることを止め、

必要以上に心を

傷つけないようにしていきましょう。

 

②強いストレスを感じている証拠かも…

 

もし、愛犬がスキンシップの途中や

知らない人から触られたときに

あくびをしているときは、

強いストレスを感じている

サインかもしれません。
 
犬は不快感を抱き、

強いストレスを感じると、

あくびをすることで相手に対して

「止めてほしい」

という気持ちを伝えようとします。

シャンプーが苦手な子のあくびが

シャンプー中に増えるのも、

こうした理由があるからです。

 

③体調不良の可能性もある

 

犬のあくびが増えるのは、

体調不良が関係している

可能性もあります。

そのため、最近、愛犬が

頻繁にあくびをするようになった

と感じたときは一度、

動物病院で検査して

もらうのもよいでしょう。
 
あくびは口腔内の異変を

発見するきっかけにもなるので、

歯石や歯の状態、

舌の色なども

チェックしてみてください。

 

④飼い主さんのあくびは犬にもうつる

 

飼い主さんのあくびを見た後に

愛犬があくびをするのは、

あくびがうつったからだと

考えられています。

科学雑誌『PLOS ONE』によれば、

東京大学の研究チームが

「あくびは人と犬の

絆が強いほどうつりやすい」

という研究結果を発表したのだそう。

さらに、こうした行動は、

自分や相手を落ち着かせる

「カーミングシグナル」ではなく、

共感によって引き起こされたもの

であったとも報告されています。

 

犬のあくびには

人間が気づかない心の声が

秘められています。

飼い主さんは普段から

愛犬のあくびをチェックし、

異変にいち早く気づけるよう、

努力していきましょう。

 

あくびにこんなにたくさんの

理由があったなんて

驚きですね!

ちょっときにして

見てみようと思いました。

 

さて今日の写真は

シーズーの

はなちゃんです!

元気いっぱい!

お店に遊びに来てくれた時は

お店のなかを

走り回っています(^-^;

またあそびにきてねー!

 

はなちゃん