みなさんこんにちは!!

犬を飼っていると

「この子は私の性格に似ているな」

と思う事や、

「あなたと愛犬は性格までそっくりだね」

と言われた事がありませんか?

今日はそんな飼い主と犬の

性格についてです!!

 

犬種特有の性格や親からの遺伝より、

飼い主さんに育てられていく過程で

得た経験により作られた性格が

強く出る事が良くあるからです。

例えば、

飼い主さんが明るく、

いつもニコニコと笑顔で

接してくれる方であれば、

犬も明るく優しい性格に

なりやすいものです。

逆に

飼い主さんが神経質気味な方だと、

犬も神経質になってしまいがちです。

 

そして、犬は一緒にいる人の気持ちを

感じ取る動物であるからです。

飼い犬は人間のように

自分で好きな時に好きな場所に

行く事が出来ませんから、

犬にとっては飼い主さんと

過ごす時間と場所が全てです。

そのため、

常に飼い主さんを見て行動し、

飼い主さんの気分の上がり下がりまで

敏感に感じ取っています。

 

不安感が強く

神経質な飼い主の愛犬は、

分離不安などの不安感を

感じやすいといいます。

反対に、

誰に対しても同じように

明るく接することができ、

あまり気にしない性格の飼い主の場合は、

不安感が少ないため、

愛犬に不安が伝わる事が

あまりありません。

そのため、

不安を感じる事があまりない、

大らかで気前の良い犬に育つ事が

多いのです。

長年常に一緒にいる事により

不安感や感情が伝わる事が

常習化していますから、

飼い主の性格に寄っていってしまうのは

当たり前の事なのかもしれませんね。

 

さてさて

今日のお写真は

ダックスの麦ちゃんです!

写真では見えないですが

麦ちゃん頭の上につむじがあるんですっ!

大事なつむじこれからも

守っていきましょう☆☆☆

またお待ちしてます(^^)

麦ちゃん