こんにちは!

 

今日の話題は

みなさんもわんちゃんの鼻が

鼻水?!と驚くほど

ぬれていたことはありませんか?

そんな気になる記事をご紹介します。

 

寒い時期に元気に走り回る犬の鼻が

より冷たく感じます。

つやつや濡れたような鼻は、

黒い瞳とともに犬の顔の

チャームポイントのひとつです。

犬の鼻は濡れていると健康で、

渇くと元気がないなどと言われていますが、

いまさらながら、

どうして犬の鼻は濡れて、

冷たく感じるのでしょうか。

 

より強力にニオイ情報を獲得するため

 

鼻腔の奥にある嗅細胞は

人間が約500万個あるのに対して、

犬は約2億個あり、

嗅覚は人間の1億倍

ともいわれるほど優れています。
 
嗅覚の鋭い犬は、

空中のニオイの分子を湿った鼻でキャッチして、

情報を得ています。

どこに餌があるのかを知るために

大切な情報収集手段です。

また、メスの発情期を知ったり、

なわばりを把握するためにも、

ニオイが使われています。

 

ニオイの分子は空中に漂っていますが、

これを鼻に吸着させ、

情報を分析しやすくするために

濡れていると考えられています。

よく、犬は鼻をなめるので、

唾液が鼻について濡れていると誤解しがちですが、

犬は嗅覚専用の分泌液が鼻から出ています。

鼻の中にある外側鼻腺(がいそくびせん)

から粘り気のある分泌液を出していて、

この分泌液と涙腺から出ている

涙の水分の両方で、

鼻を濡らしています。

 

ニオイそのものをキャッチするのと同時に、

ニオイがどこから来るのか、

風向をキャッチするためにも

濡れた鼻が活躍します。

 

体温調節のために濡れている

 

さらに、犬の鼻が濡れている理由として、

体温調節機能があげられます。

鼻の濡れている部分を鼻鏡(びきょう)といいますが、

この部分からの気化熱を使って、

体内の余分な熱を体外に排出しています。
 
濡れた鼻から水分が気化しているので、

いつも冷たく感じるのです。

体内からの放熱は舌でも行われますが、

鼻は頭骨に近く、

脳の温度を下げるのに、

より重要な働きをしています。

 

鼻鏡は人間の指紋と同じで、同じ模様の犬はいません

 

細菌やウイルスなど、

犬の健康に害を与える物質を鼻でキャッチし、

体内に取り入れないようにしている

という研究報告もあります。

鼻鏡で異物をキャッチすると、

くしゃみで吹き飛ばして、

身体に入れません。

さらに、鼻の分泌物で異物をくるんで、

毒素の働きを低下させてしまう

という研究結果もあるそうです。

犬の鼻って、

本当にすごい機能をもっていますね。

 

犬の鼻は横に切れ目が入っていて、

自分の息を横から上手に

外に出すことができます。

鼻息は顔の横から外に流れ、

吸う時は顔の正面から取り入れることで、

ニオイが混雑しないような、

特殊な構造となっています。

 

人間の鼻とは大違い。
 
知れば知るほど犬の鼻は、

複雑で高度な仕組みをもっていました。

冷たい犬の鼻のお話し、

寒い冬には鼻キスをしながら、

犬の鼻の優れた能力に、

思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 

という記事でした。

あまり気にしてなかったのですが

意識して見てみると

面白いかもしれませんね(^-^)

 

さて今日の写真は

チワワのコタロウくんです☆

名前を呼ぶと

に~っと笑うコタロウくん!

いつも癒しをありがと~う!

 

コタロウくん