みなさんこんにちは!

ペットショップに行くと、

カラフルでカワイイ犬用の

おもちゃがたくさん!

市販されている犬のおもちゃを

参考に、犬のおもちゃの作り方や

遊び方、注意点などをご紹介します☆

 

犬にとっておもちゃは、

純粋に楽しむ以外にもいろいろな

役割を持っています。

しつけに使われたり

歯磨きの役割をしたり、

飼い主さんとの交流や

ストレス発散など、

犬にとっても飼い主さんにとっても

いいことがいっぱいです。

犬のおもちゃは、

与えっぱなしでいいものと、

飼い主さんが管理した方がいいものの

2種類があります。

 

●引っ張りっこが楽しめる三つ編みおもちゃ

用意するもの:

古いタオルやTシャツなどの古い衣類

作り方:古タオルやTシャツに、

縦にハサミで2本切れ目を入れます。

端っこを5cmほど残して、

切り裂いた布を三つ編みします。

両端を結んだら、引っ張りっこが

楽しめる手作りおもちゃの完成です☆

 

●音の出るおもちゃの作り方

用意するもの:

小さめのペットボトルと犬用おやつ

作り方:ペットボトルの中に、

用意したおやつを入れます。

ペットボトルのフタの部分に

ボンドを塗ってしっかり閉めます。

犬がペットボトルをくわえて

揺すると音の出るおもちゃを楽しめます☆

ペットボトルを上手に壊すと

おやつが出てくる知育玩具として

使ってもいいですね。

 

●ボールのように遊べる手作りおもちゃ

用意するもの:古Tシャツや毛糸玉など

作り方:古いTシャツをくるくる丸めて

ボールのようにしたり、

毛糸玉をそのままボールにして使えます。

また、ぬいぐるみが好きな

ワンちゃんには、毛糸をつかって

手作りのあみぐるみを作るのもいいですね。

 

犬用のおもちゃを手作りしたら、

飼い主さんも一緒に遊んであげましょう。

引っ張りっこするおもちゃは、

ワンちゃんと飼い主さんとの

コミュニケーションをとるのに

最適なおもちゃです。

音の出るおもちゃは、

子犬が好むことが多いようですが、

成犬と遊ぶ時は、「取って来い」

の練習にも使えていいですね。

 

手作りおもちゃは

市販のおもちゃと比べると、

耐久性が弱めなので、

壊れやすくなっています。

おもちゃを与えっぱなしにすると、

飽きてしまって噛んだり、

噛み切った破片を飲み込んだりする

こともあるので、注意が必要です。

犬に手作りおもちゃを与える時は、

飼い主さんが見ているところで

一緒に遊ぶようにしましょう。

 

さてさて、

今日のお写真は

プードルのハナコちゃんです!

飼い主さんが大好きすぎるハナコちゃん♪

お店で人の出入りがあると

飼い主さんがお迎えに来たと勘違いして

嬉しくなっちゃうハナコちゃんですっ☆

またお待ちしてます(^^)

ハナコちゃん