こんにちは!

 

今日も気になった話題を

ご紹介します!

 

アメリカ・メトロポリタン美術館と

シカゴ美術館とともに

アメリカ3大美術館のひとつに挙げられる

マサチューセッツ州のボストン美術館。

 

1970年設立の歴史ある美術館の

所蔵品は50万点を超え、

その中にはクロード・モネ、

ゴッホ、ゴーギャン、

ルノワールなどの

絵画、彫刻、写真など

世界的有名な作品が揃っています。

 

館内は広く、じっくり周ると

1日では見れないほどで

1年間の来客数は100万人以上。

 

この世界的にも有名な美術館に

配属されたのが、なんと!?

ワイマラナーのライリー君だ。

 

彼の任務は重要。

この世界的絵画を虫から守る役目なのです。

 

犬は人よりも優れた嗅覚を持っています。

 

特にワイマラナーは非常に知的で、

驚くべき嗅覚があるといわれ、

その特徴を生かしてライリー君は

匂いで害虫を感知できるように訓練。

 

2018年1月からボランティア職員として

勤務しているとのこと。

 

美術館の副館長のケイティ・ゲッチェル氏は

「美術館の中に保存されている

木材や布など虫の好物がたくさんあります。

今の時点ではまだ虫による

深刻な被害は出ていませんが、

予防は万全にして置かなければなりません」

 

ボストン美術館は虫に対する予防策を

いくつも行っていますが、

ライリー君が加わることで一層

強固な予防ができるのではないか

と期待しています。

 

ライリー君は美術館の保安サービス部門の

ニッキーさんとともに暮らしているとのこと。

 

ライリー君の活躍次第で、

今後は世界中の美術館で

犬が活躍する日が来るかもしれませんね。

 

基本的に美術館が開いていない日が

勤務ということですが、

ボストン美術館には

ライリー君のぬいぐるみや

パズルなどグッズが販売されています。

 

わんこが美術品を守るなんて

すごいですよね~(^o^)

頑張ってほしいです!

 

さて今日の写真は

トイプードルの

ナズナちゃんとスズナちゃんです!

とってもかわいいふたごちゃんです♪

同じ動きをするので

とっても可愛いんです(*^^*)

またあそびにきてねー!

 

ナズナちゃんとスズナちゃん