こんにちは!

 

今日も気になった話題を

ご紹介します!

 

ペットの介護は

遠い先の話のような気がしていました。

 

うちの子は見た目は

子犬時代と全く変わらないし、

身体の機能が老化で

衰えてくるという実感もありません。

 

しかし、いつも散歩にきていた

ゴールデン・レトリバーの友達が

高齢で歩けなくなったと聞いて

ハッとしました。

今から何か備えておいた方が

良いのではないかと。

 

うちの子は食欲だけは

どんな時もまったく衰えないので、

その点はあまり心配していませんが、

トイレが心配です。

最後まで快適にさせてあげられるのかと、

不安になってしまいました。

 

高齢犬の介護を長い間経験されてきた、

看護師の佐々木優斗さんは、

「歩行と同じように、困難になっても、

できるうちはなるべく

日常のスタイルをこわさず、

いつも通りにさせてあげた方が良いですよ」

とアドバイスしてくれました。

 

いつもやっている通りにできると、

犬もストレスを感じることなく、

安心していられるそうです。

 

そのために、今からできることは、

うちの子がどんなスタイルの

トイレが好みなのかを知っておくことだと、

佐々木さんは教えてくれました。

そのスタイルの通りにできるよう、

高齢になったら

サポートするのが良いのだそうです。

 

犬のトイレは片足を上げてやる子、

座ってやる子、

ちょっと腰を浮かした中腰の子、

など、いろいろなスタイルがあります。
 
そのスタイルを飼い主さんが

サポートして

トイレができると良いのだとか。
 
飼い主さんが好きな

トイレのスタイルを知っていると、

高齢になった時、

排泄のストレスが大幅に減るのだそうです。

 

「後ろ足用のハーネスを使って、

それまでのトイレスタイルを保つために、

お尻を沈めた状態にしておくなど、

飼主さんがちょっとサポートするだけで

快適にトイレができるようになります。

そのためには、

どういうスタイルで排尿していたのか、

覚えておくと良いですよ」

と佐々木さんは言います。

 

いつも通りにすることが

高齢犬の介護ではとても大事なことで、

そのために元気な今、

うちの子はどんなことをしているのか、

トイレの恰好や遊びなど、

いろいろ「今の状態」を

把握しておくことが大事だと佐々木さん。

 

現在、高齢ペットと

安心して暮らせるために、

一般社団法人高齢動物医療福祉協会の

設立メンバーの一人として、

動物看護師を目指す学生などに

介護の講義を行っています。

 

今回は今からできる、

高齢化対策を教えていただきました。

 

人も犬も避けては通れない

それが老い、高齢化ですよね。

今からの準備が大切だと

改めて実感しました。

 

さて今日の写真は

チワワのひなちゃんです!

うさ耳をつけてみましたが

少し大きかったかな~(^-^;

でも似合ってるし

とっても可愛いです♪

また遊びにきてね~♪

 

ひなちゃん