みなさんこんにちは!

 

台風18号の大雨が過ぎ去った3日夕、

サーファーでにぎわう

高知県黒潮町の入野海岸で、

ペットボトルを口でくわえて

回収しているアイドル犬

「いくら」(雌、9歳)が

浜辺を散歩中にイノシシや

ヤシの実と遭遇した。

 

イノシシは全長1メートルほどで

すでに死んでいた。

荒天の太平洋の高波に運ばれ、

砂浜に打ちあげられたようだ。

いくらは飼い主の新谷信行さんと

いつものように砂浜を歩き、

ペットボトルをくわえていた。

 

目の前に、

どこからか流れ着いた

ヤシの実があった。

その向こうに黒い物体が見えた。

イノシシだった。

いくらはじっと見つめていた。

新谷さんによると、

数年前にはシカも運ばれてきたという。

いくらは5年間で

3千本のペットボトルを回収。

晴れた日も雨の日も毎日、

小さな冒険中だ。

 

まさかイノシシが

自然に流れてきてしまうなんて

考えもしなかったので

驚きました。

自然災害を甘くみてはいけませんね…

「10月5日 朝日新聞 引用」

 

さてさて

今日のお写真は

トイプードルのさくちゃんです!

トリミングが終わると

スタッフの後ろを

テクテクついてきます(笑)

とっても可愛いです♪♪

またお待ちしてます!

さくちゃん