みなさんこんにちは!

 

動物の問題行動に着目して治療する

「獣医行動診療科認定医」は、

日本で9人しかいない。

その一人、

岐阜市の獣医師奥田順之さんが、

自身の動物病院に犬と猫の

「ストレス診療科」をつくった。

「『動物の精神科医』として、

困っている犬や猫の力になりたい」

と意気込む。

 

奥田さんは2014年、

「ぎふ動物行動クリニック」を開業。

ストレス診療科では

12月1日に診療受付を始める。

「ストレスが引き金になって

健康を損なったり、異常行動が

引き起こされたりするケースがあります」

 

例えば、

猫はキャットタワーなどで

上下動できる環境が必要で、

狭いケージで飼うとストレスが

たまりやすい。散歩好きな犬を

散歩に連れて行かないケースや、

しつけではなく体罰をすることなども

ストレス要因になり、

体調不良や異常行動が現れる。

 

下痢や嘔吐(おうと)のほか、

過度にほえたり自傷行為を

したりする行動も治療対象だ。

「11月23日 朝日新聞 引用」

 

さてさて

今日のお写真は、

ダックスのココアちゃんです!

なぜかいつも困っています(´-`).。oO

そんなココアちゃんに

今日も癒されました♪

またお待ちしてます!

ココアちゃん