みなさんこんにちは!

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う

緊急事態宣言が延長になった4日、

「土佐の小京都」と呼ばれる

高知県四万十市の一條神社で、

看板ネコの「チビ」が

「コロナに負けないで」と

書いた青い札を首につけて呼びかけを始めた。

 

いつもは「おまいりありがとう」

という白い札をつけて参拝客を迎える。

一刻も早い終息と最前線で

コロナと向きあう医療従事者への

応援のエールだ。

 

同神社は感染拡大防止のため、

本殿のガランガランと鳴る鈴や手を

清めるちょうず鉢を取り外した。

恒例の藤祭りなどの

イベントも中止にした。

「3密」を避けるため

参拝する人も激減し、

いつもと違う日常が続く。

 

チビは雌、推定11歳。

約10年前の夏、

神社近くのスーパーの前に

段ボールに入れられて捨てられていた。

泣き声に気づいた

神社の川村公彦宮司(66)が

社務所に連れてきた。

体が小さいから「チビ」と名付けた。

 

「5月3日 朝日新聞引用」

 

さてさて

今日のお写真は、

ダックスのラルフくんです!

今回もとってもお利口さんに

頑張ってくれました!

またお待ちしてます!

ラルフくん