みなさんこんにちは!

 

3月にオーストラリアから

埼玉県こども動物自然公園(東松山市)に

やってきた大人気のクオッカに、

赤ちゃんが誕生した。

7月18日に

母親クオッカのおなかの袋から

顔を出したことで確認された。

 

クオッカは現在、

豪州以外では同園でしか

飼育展示されていない絶滅危惧種で、

笑って見えることから

「世界一しあわせな動物」

といわれている。

出産したのは3歳のメスで、

3月末におなかの袋が動いていたため、

赤ちゃんがいると予想されていた。

父親は一緒にやってきた

オス(7~8歳)という。

 

同園によると、

有袋類のクオッカは

赤ちゃんを育てる

「育児のう」が袋の中にあり、

妊娠約30日で出産後、

袋の中で完全な形になるのに

4カ月程度かかるという。

赤ちゃんは3月上旬から中旬に

育児のうに入り、

袋の中で乳を吸って大きくなり、

先月になって顔を出したとみられる。

今は顔に次第に毛が生えてきている

段階で、性別はまだ不明。

袋から出てくるのは

1~2カ月後という。

 

[8月3日 朝日新聞引用]

 

さてさて、

今日のお写真は

チワワの春ちゃんです!

とってもお利口さんで

癒し系の春ちゃんに

みんな癒されています(><)

またお待ちしてます!