みなさんこんにちは!

 

高知県立のいち動物公園

(香南市野市町大谷)で

「フタユビナマケモノ」の

赤ちゃんが生まれ、

一般公開されている。

愛称は10日、

「コウ」と決まった。

 

同園では、1994年から

ナマケモノの飼育を始めた。

コウは、

南米・ガイアナから来園した、

現在の唯一のペア、

アミーゴ(雄)とキュウ(雌)の

同園での5頭目の子どもで、

9月1日に生まれた。

 

今は、

母親のおなかにしがみつき、

体のほとんどが隠れている状態。

飼育担当の新保文子さんは

「母親に給餌(きゅうじ)する

午後3~4時ごろが、

愛らしい顔を見るチャンス」と話す。

同園のジャングルミュージアム

(午前9時半~午後4時半、

同園は午後5時終了)にいる。

 

 

お母さんのお腹にペタっとしている

姿がとても愛らしくて

癒されました、、、^ – ^

 

[10月14日 朝日新聞引用]

 

さてさて、

今日のお写真は

トイプードルのブランちゃんです!

顔のバリカンがとっても似合う

美人さんなんです♪

トリミングもお利口さんに

がんばってくれました^ – ^

またお待ちしてます(^^)

ブランちゃん