みなさんこんにちは!

 

行政手続きの

デジタル化をめぐって

話題になっている

「脱ハンコ」の動き。

ある町のハンコ屋さんが

「肉球スタンプ」を発売し、

注目を集めています。

 

ツイッターで話題に

 1898年創業の

小野印房(愛知県岡崎市)の

ツイッターアカウントが13日、

こんなつぶやきを投稿しました。

 

「以前、オーダーを頂いた

『猫の肉球スタンプ(立体)』が、

無事にセメントに捺(お)され、

素敵な玄関が完成したそうです。

こんなに上手くいくなんて!」た。

 

添付されているのは、

肉球の突起がついたスタンプと、

玄関のセメント部分に

猫の足跡がついた写真。

本物の猫の足跡ではなく、

このスタンプを使って

セメントが固まる前に

捺したもののようです。

 

 

とても可愛くて、

わたしも家を建てる時

やってみたいとおもいました!

 

[11月17日 朝日新聞引用]

 

さてさて、

今日のお写真は

柴犬の源五郎くんです!

年中換毛期かなと思うくらい

よく毛が抜ける源五郎くん(^人^)

ひとまわり小さくなって

お家に帰って行きます(笑)

またお待ちしてます(^^)

源五郎くん