こんにちは!

 

今日の話題は肛門線について!

肛門腺とは
お尻の肛門の周りにある腺で、
マーキングに使われる
においの強い分泌液を出します。

人間の指紋の型が一人一人違うように、
この分泌液は
みんな違うにおいがします。

初対面の犬同士で
お尻のにおいを嗅ぎ合うのは、
このにおいを通して
相手の情報を得ているからなんです。

肛門腺絞りについて。

かつて犬たちが
野生の生活をしていた頃は、
肛門腺から分泌液を噴射することで
外敵から身を守ったり、
テリトリーを示したりしていました。

しかし犬が人と暮らすようになり、
分泌液を撒く機会がなくなり、
分泌液が溜まる部分を
押し出す筋肉が徐々に
弱まっていったと言われています。

筋力は弱まったものの
中・大型犬などは
排泄物と一緒に分泌液が出たり、
驚いたり興奮した時に
出ることがありますが、
小型犬や肥満犬、高齢犬など
自力で排出することが
難しい犬も多くいます。

この分泌液を出さずに放っておくと、
肛門腺が炎症を起こして
病気になってしまいます。

そうなる前に
排出させてあげる必要があります。

肛門線を絞る頻度については
個体差はありますが、
月に1回程度絞るといいです。

お尻を床に擦りつけたり、
肛門を舐めたり、
自分の尻尾を追いかけたり
その様な行動が見られたら、
肛門腺内に分泌液が
溜まっている可能性があるので、
チェックしてあげるといいです。

キッスワンでは
肛門絞りも
ワンコイン(500円)
で行なっております(^^)

お散歩がてら寄ったり
絞る時間もかからないので
ぜひお待ちしております☆

 

さて今日の写真は
トイプードルの
ノアちゃんです。

甘えん坊さんな
おんなのこです♪

また遊びにきてねー!

 

ノアちゃん