こんにちは!

 

暑くなってきて
人でも汗をかく時期になりましたね。
 
そんな時気をつけたいのは
熱中症。
わんちゃんにも熱中症があるので
気をつけたいです。
 
わんちゃんの熱中症の症状としては
急激な体温の上昇(40℃以上)のため、
口を大きく開けて、
ハァハァと息苦しそうに呼吸をしたり、
よだれを大量に出すほか、
悪心や嘔吐、下痢をしたり、
一時的にふらついて
倒れてしまうことがあります。
 
さらに、目や口腔粘膜の充血
(赤レンガ色、やや暗めの赤色)
が起こってきます。
 
熱中症がさらに進行した場合
虚脱や失神、
筋肉のふるえが見られたり、
意識が混濁し、
呼びかけにあまり反応しなくなったりします。
 
さらには、
完全に意識がなくなったり、
全身性のけいれん発作を
起こしたりすることもあります。
 
症状がかなり進行すると、
吐血や下血(血便)、
血尿といった出血症状が見られたり、
酸素をうまく取り込めず
チアノーゼが見られたり、
最悪の場合はショック症状を起こし、
命に関わることもあります。
 
言葉を話せないぶん
人間が気を使って
注意深くみてあげたいですね。
 
日中の散歩は避けたり
こまめに水をあげたり
気をつけて今年の夏も
乗り越えましょう!!

 

さて今日の写真は
ウェスティーの
ルナちゃんです!

おやつ大好きなルナちゃん!

毎回シャンプーが終わったらと
オーナー様がおやつを
置いていってくれます(^^)

それが楽しみで
頑張ってるんだよね♪

 

ルナちゃん